◆インドネシア・スラバヤの大規模な売春地帯が閉鎖の危機

NO IMAGE

インドネシアはイスラム教国家にも関わらず、大規模な売春地帯が各所に存在するという非常に希有な国である。

私がタイ、カンボジアの売春地帯を経て、次にメインに据えて流浪したのがインドネシアだった。(売春地帯をさまよい歩いた日々「ブラックアジア第二部」

インドネシアは島嶼国家で、東西に広がる無数の島々を連なってひとつの国となっている。この国はあまりにも広く、すべてを制覇するのは難しい。

私は、リアウ諸島、ジャカルタ、メダン、そしてカリマンタンのシンカワンと、売春地帯をさまよい歩いていたが、そのうちにリアウ諸島に轟沈した。

本来であれば、スラバヤにある非常に大規模な売春地帯も訪れる予定だったのだが、あまりにリアウ諸島が気に入ってしまい、とうとうスラバヤは私にとっては「幻」になった。

今、この「幻の売春地帯」が危機に瀕しているという。政府がここを閉鎖しようと予定しているのだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事