◆日本は東南アジアと同じ気温に。夏は熱帯の生き方を取り入れるべき

◆日本は東南アジアと同じ気温に。夏は熱帯の生き方を取り入れるべき

「日本は熱帯化している」「日本は暑くなった」と言われ続けているのだが、その通りだ。

2018年7月。凄まじい暑さが続いている。気象庁によると、7月23日に埼玉県の熊谷市で国内の観測史上で最も高い最高気温41.1度を観測した。

さらに、東京でも青梅市がが40.8度で、観測史上初めての40度超えとなっている。この暑さは今後も解消せず、8月になっても依然として平均よりも暑い日が続くと気象庁は発表している。

気象庁はこの現象を受けて臨時記者会見し、「命に危険が生じる暑さが続き、災害という認識だ。水分と塩分を補給し、健康管理に十分注意してほしい」と国民に訴えている。

熱中症で救急搬送された人は7月24日の時点で2万2647人で過去最多である。死者も増えている。

熱中症で倒れる人は毎年どんどん増えているというのも、日本の夏が異様なまでに暑くなっている証拠でもあると言える。(鈴木傾城)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事