◆「日本ブランド」として日本女性が外国人に買われる先に待つ未来とは?

◆「日本ブランド」として日本女性が外国人に買われる先に待つ未来とは?

日本という国はひとつのブランドである。「日本人」というのも、ひとつのブランドになり得る。

日本人の多くは「中国人になりたい」「韓国人になりたい」というような考えを持つことはないが、日本の周辺国の人間は「日本人になりたい」という考えを持つ人も珍しくない。

それは、かつてはアジア最大の武力を持ち、その後は世界有数の経済大国になっていった「日本」が特別な存在として、今も彼らに印象づけられているからだ。

もちろん、東南アジアの人々も日本人に憧れている。憧れるだけでなく、日本人と結婚したいという人々も多い。東南アジアでは日本人の男もそれなりにモテるのだが、日本人の女性のモテ方はとても凄まじい。

その女性がどんな女性であっても、ただ「日本人」というだけで、もう憧れや結婚の対象になる。

もちろん、そこには日本女性と結婚したら日本の経済力にあやかれるという打算もある。しかし、それだけでなく、素直に日本女性の肌の美しさや性格の優しさが評価されている。

だから、彼らは「日本人ブランド」としての日本女性が欲しい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事