◆多文化主義を推進したEUに未来はない。あるのは混乱と破壊だけだ

◆多文化主義を推進したEUに未来はない。あるのは混乱と破壊だけだ

EU(欧州連合)は、2015年に大量の難民を迎え入れたのだが、当初はこれを人道的援助で歓迎していた国民も、やがて「思っていたのと違う」と蒼白になった。

難民たちは、受け入れてもらったことに感謝しなかった。福祉を食いつぶし、自国の文化に馴染まず、暴動やテロを起こし、ユダヤ人を襲撃するような事件を起こしたりするようになっていった。

ところが、左派メディアは人道的見地からこうした難民たちを批判する人間たちを「人種差別主義者だ、レイシストだ」とレッテルを貼って黙らせた。

これによって社会の底辺から大きな不満が渦巻くようになり、やがてそれは右派政党の台頭となってEU各国を大きく揺るがすようになっていった。

イギリスはEUから離脱、ドイツでも反移民を訴える「ドイツのための選択肢(AfD)」が躍進、ハンガリーでもオルバン・ビクトル首相が「移民は出ていけ!」と叫んで再選した。(ブラックアジア:狡猾な犯罪者ほど「人権を守れ」「共生」と叫ぶ理由とは?

さらに大量の移民・難民が押し寄せるイタリアでも五つ星運動や右派「同盟」が総選挙で勝ち上がっている。

この2つの政党の連立政権は即座に「EU離脱派」の経済相を担ぎ上げたので既存政党が大反発し、イタリア政界は今も大混乱の真っ只中にある。(鈴木傾城)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事