◆セックスの体位によって受ける感覚はまったく違ってくる

NO IMAGE

インド・カジュラホのカンダーリヤ・マハーデーヴァ寺院にはミトゥナ像の彫刻がびっしりと並んでいる。

世界遺産のひとつとなっているのだが、このカジュラホの彫刻は、とてもエロチックだ。何しろ、男女の性行為がそのまま彫刻になっているのである。

ミトゥナも「男女交合」という意味だということで、現代の言葉で言うとさしずめ「セックス像」ということになるのだろうか……。

男は兵士、女性は巫女(アプサラ)と言われているが、闘いの前の大乱交が描かれているという設定のようだ。

圧巻なのは、このセックスを行っているミトゥナ像の体位が尋常ではない数であり、しかも立ち技を多用したトリッキーなものも多いことだ。乱交なので、数人がかりのものもあれば、オーラル・セックスや獣姦を描いたものもある。

こうしたミトゥナ像に出てくる様々な趣向を凝らした体位は、世界最大の奇書「カーマスートラ」にも描かれている。

これぞ、全世界に大きな影響を与えた「セックス指南書」で、セックスの心がけから求愛方法から体位まで、あらゆることが詳細に記されている。ここに様々なセックスの「体位」が紹介されている。

ところで、あなたはセックスの際、どれくらいの「体位」を使うだろうか?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net