◆美しい女の裸を彩るタトゥーをあなたはどこまで許せるか

NO IMAGE

最近、私は背中全面に巨大な鯉(こい)の和彫りを背負った女性と出会っている。

私自身は大して刺青に詳しいわけではないのだが、その私が見ても、彼女の刺青の精巧さと緻密さには驚いてしまうほどのものだった。

全裸になった彼女の「後ろ姿」には圧倒されて声も出なかった。東南アジアで私が見てきた売春する女たちのタトゥーとは完全に異次元のものであった。

私はそれを「美しい」と素直に感じた。しかし同時に私が思ったのは、この圧倒的な質感とインパクトは、確かに「人を選ぶ」ということだった。

私は変わった女性が好きなので彼女の異質さは受容できたが、それを拒絶する人がいても不思議ではない。

タトゥーが反社会的な人々の象徴になっているという事実とは別に、極端(エクストリーム)な装飾そのものが、それを引きつける人と拒絶する人を分けるのだ。

分かる人は分かる、分からない人は分からない。巨大なタトゥーを背負った女性は、別にすべての人に理解してもらおうとは思っていない。そして、どうなるのか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事