◆喪失を個性に。失った乳首、失った手足さえも個性にする

NO IMAGE

事故や病気で手足を失った女性、病気で乳房を失った女性、大火傷を負った女性、外観を損なうような皮膚の病気を持った女性……。

かつては、病気や怪我で外観が変わってしまった女性は、それを恥じて表に出てこなかった。

その理由は明らかだ。世間には「偏見」や「無理解」や「差別」が依然として残っている。表に出ると、後ろ指を指されたり、差別を受けたり、露骨に嫌がられたりする。

こうした人間が持つ「負の反応」はどんなに世の中が進歩しても決して消えることはない。

集団は「弱い者」を排除する集団心理があって、たとえば欧米では赤毛でさえもかつては激しく差別されていた。(美しい赤毛だが、欧米では偏見と差別といじめの対象だった

しかし、最近ではこうしたも女性も、自分自身の損なわれた外観や普通とは違う外観を丸ごと「自分の個性」と捉えるようになり、本人も社会もそれを認めるようになっていった。

こうした女性が私はとても好きだ。病気や怪我で人と違う外観になっても、それすらも個性だと自分で認めて、普通に生きようとする女性の強さに私は心酔する。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net