◆ステファニー・ヒューソン。レイプされた直後の写真を公開

NO IMAGE

2009年8月2日の真夜中。イギリスのウイットレイ・パークで、当時23歳だった女性ステファニー・ヒューソンさんは友人と別れてひとりで帰宅しているところだった。

そのとき、ひとりの男がうしろから近づいて来て、彼女を路地に連れ込んだ。青い服を着た、ショートカットの白人の男だ。

男は彼女を何度も殴り、蹴り、無抵抗にさせてからステファニー・ヒューソンさんをレイプした。

顔面を蹴り上げられたためにステファニーさんの左目は傷つき、鼻は折れ、下唇も切れていた。身体中が腫れ上がり、ボロボロになっていた。

そして、3年経った2012年7月5日。彼女は自分が公の場に出て、自分がレイプされたときの写真を公開して、捜査情報の提供を呼びかけた。

3年経った今も、犯人は逮捕されていなかったのである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事