「ブログに旅行記を書いてくれるなら無料で海外旅行」で何が起きたか?

「ブログに旅行記を書いてくれるなら無料で海外旅行」で何が起きたか?

危うくドラッグ・ミュール(麻薬の運び屋)にさせられそうになった日本人の話が最近あった。この日本人の男性は30代の会社員だった。アンダーグラウンドとはまったく関係のない一般人である。

彼は「ブログに旅行記などを書けば無料で旅費を出す」という勧誘をネットで見つけた。応募してみると当選した。

早速、連絡がきて2018年12月4日に東京駅で「担当者」を名乗る人間に会うと、その場で簡単な説明を受けてタイの往復チケットと40万円を旅費として渡された。

翌日に彼がタイ・バンコクに到着すると、今度はひとりのイラン人が出てきて、青い大型のスーツケースを渡されて「これをドイツのフランクフルトに運んで欲しい」と言われて2000ドルを渡された。中は衣類だった。

しかし何かがおかしいと思った彼は、在バンコク日本大使館にスーツケースを持って相談した。大使館はすぐにタイ警察を呼んで調べたところ、そのスーツケースには2.3キロの覚せい剤が入っていることが分かった。

何が起きていたのか。この30代の日本人男性はドラッグ・ミュールに仕立て上げられていたのである。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

使い捨ての運び屋「ドラッグ・ミュール」

この30代の日本人男性が土壇場で大使館に駆け込んだのは正しい。

本当であれば東京駅でいきなり40万円を手渡された時点で「怪しい」と気づかなければならないが、それでもスーツケースを渡された時点で大使館に駆け込んだというのは素晴らしい行動である。

彼はイラン人からも2000ドルを受け取っているが、カネに目がくらんでそのままフランクフルトに旅立っていたら確実に一生が終わっていた。ドラッグの密売はどこの国でも終身刑か死刑だからである。

ドラッグはカネになるが、ドラッグの密売は非常にリスクだ。そのためドラッグ・カルテルは危険な密輸の部分に自分たちの組織とは関係のない人間を使い捨ての「運び屋」に仕立て上げる手法を取っている。

この使い捨ての運び屋のことを「ドラッグ・ミュール」と呼ぶ。うまく行けばドラッグ・ミュールに正当な報酬を払い、失敗したら断ち切る。

2018年12月10日、ドバイ国際空港でもふたりのドラッグ・ミュールが摘発されている。パキスタン人だったが、ドラッグの密売組織に依頼されてドバイからタイにコカインを密輸する予定だった。

コカインが詰められたカプセルを飲み込んでいた。この手法は古典的なものだ。ドラッグ・ミュールを描いた映画『そして、ひと粒のひかり』でも描かれた。(ブラックアジア:『そして、ひと粒のひかり』。麻薬を運ぶ17歳の女性の物語

不幸なことに、逮捕されたパキスタン人のうちのひとりは体内のカプセルが破れて致死量のドラッグが漏れて悶絶死している。

今も依然としてアンダーグラウンドの組織がドラッグ・ミュールをあらゆる方法でかき集めてビジネスをしているというのがこうした事件で分かるはずだ。運び屋はどこの誰でもいい。日本人だろうが何だろうが構わない。

ブラックアジアでは有料会員を募集しています。よりディープな世界へお越し下さい。

「荷物の中身は知らなかった」と誰でも言う

2012年8月23日、渡部由香理という日本女性が、関西国際空港に覚醒剤を1.8キロを「密輸」したとして逮捕された事件があった。

彼女は24歳の東京外国語大に在籍する女性で、スーツケースの中に覚醒剤を隠し持っていた。コーヒー豆5袋にそれは隠されていた。末端価格で1億5000万円相当の覚醒剤だった。

彼女はアフリカのウガンダからカタール航空に乗り、カタール・ドーハ経由で関西空港に入ったところで逮捕された。

「旅費と荷物を運ぶアルバイト代として知人から8万円をもらう予定だった。中身が覚醒剤とは知らなかった」

渡部由香理はそのように話して意図的に覚醒剤を持ち運んでいたことについては本人は否認した。しかし、覚醒剤を運搬している「ドラッグ・ミュール」はみんな逮捕されたら彼女と同じことを言う。

「荷物の中身は知らなかった」

まったく同じ事件が2009年10月にも起きていた。マレーシアで逮捕された竹内真理子の覚醒剤運搬逮捕事件である。手口も逮捕時の言い訳も完全に同じだった。(ブラックアジア:死刑判決を受けた竹内真理子。マレーシアに4キロの覚醒剤

竹内真理子は死刑を宣告されたのだが、まだ執行はされていない。竹内真理子は何とか助かろうとマレーシアの国王に恩赦を願い出ている。

フィリピンで死刑を宣告された鈴木英司という男はそれで助かったので、竹内真理子もその方法を試しているようだ。(ブラックアジア:鈴木英司。フィリピンで死刑を宣告された男の16年ぶりの恩赦

竹内真理子が本当に助かるのかどうかは分からないが、生き延びるにはそれしか方法がないのだから必死だ。

1999年のカンボジアの売春地帯では何があったのか。実話を元に組み立てた小説、電子書籍『スワイパー1999』はこちらから

自分のものではない荷物は運ぶな

森田裕貴という男がいた。インドネシア・バリ島のグラライ国際空港で逮捕された男だ。この男は知り合いにドラッグ・ミュールをさせていたのに、自分も一緒になってドラッグを運んでいたのでまとめて逮捕された。

ドラッグで禁固19年の刑に処せられた後、森田裕貴は獄中で首を吊って自殺した。(ブラックアジア:森田裕貴。ドラッグで禁固19年の刑、獄中で首を吊って自殺

森田裕貴は自分でドラッグを運搬した。しかし、ドラッグの運搬はドラッグ・ビジネスの中で一番ワリに合わない部分であり、きちんとした組織は決して自分でドラッグを運ぶような危険なことはしない。

ワリに合わないことは他人にやらせる。

具体的に言えば、カネで釣られる人間をそこにはめ込む。「カネで釣って使い捨て」だ。ドラッグ・ミュールが失敗したら、組織はトカゲのしっぽ切りをして以後は一切の連絡を経つ。

そして、逮捕されたドラッグ・ミュールだけが、終身刑や死刑で罪を精算する。

ドラッグ・ミュールで逮捕されたら、事前に事情を知っていても100%「知らなかった」と最後の最後まで言い張るのは、もはやそう言うしか助かる手段がないからでもある。

「いや、実はドラッグかもしれないと思ってはいたのですが、アルバイト料がもらえるのでやってしまいました」などと言うと、もはや恩赦もない。

だから、誰でも絶対に「私は何も知らなかった」と必死になって言う。そのため、ドラッグ・ミュールに仕立て上げられて本当に中身がドラッグであることを知らなかったとしても、「私は何も知らなかった」と言って通らない。

何度も言うが、自分のものではない荷物を運ぶというのは信じられないほど危険なことなのである。

そういう意味で、「旅行記などを書けば無料で旅費を出す」と釣られて、土壇場で日本大使館に駆け込んだ30代の日本人男性は助かって運が良かった。「絶対に運ばない」というのは正しい姿勢なのである。

ただ、彼の場合はアンダーグラウンドの組織に身元が割れている上に「裏切り者」だと思われているはずだから、後で報復されるかもしれないが……。(written by 鈴木傾城)

依然としてアンダーグラウンドの組織がドラッグ・ミュールをあらゆる方法でかき集めてビジネスをしている。運び屋はどこの誰でもいい。日本人だろうが何だろうが構わない。

この記事のツイッター投稿はこちらです

この記事を気に入って下さった方は、リツイートや♡(いいね)を押して頂ければ励みになります。

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事