シンガポール

◆シンガポールの売春地帯ゲイランは変化して新しい売春の波に飲まれる

2019年12月30日。シンガポールの売春地帯ゲイランの安ホテル『ゴールデン・ドラゴン・ホテル』で34歳のインドネシア人女性が首を絞められて殺されるという事件が起きていた。 メイドの仕事で働きに来ていた女性が、シンガポールで知り合ったバングラデシュの男と別れ話になったところを殺されたのだった。彼女は別れたかったが、バングラデシュの男は彼女を手放したくなかった。そんな事件だった。 ゲイランで起きた殺 […]

◆売春や風俗というセックス産業のスタイルは嫌だという男女が求めるもの

若い女はカネを持っていない。しかし「若い肉体」はある。人生に成功した中年以後の男は若さを失った。しかし「カネ」はある。 一方は若い肉体を持っている。 一方はカネを持っている。 ここに需要と供給が一致する。「出会いの場」さえあれば、この両者を結びつけることによって、両者は互いに欲しいものを手に入れることができる。互いに自分の持っているものを相手に提供すればいいのだ。 この両者を結びつけるのが、普通は […]

◆売春、賭博、麻薬。誰がゲイランを荒らし回っているのか

シンガポールでは徐々に売春地帯ゲイランが再開発の波に飲まれて規模を縮小しつつある現状を2014年10月に実際に歩いて紹介した。(ゲイランがどこに向かっているのかを昼間の光景で察した) ゲイランはまだ活況はある。売春ビジネスの代わりに路上賭博が増えて、シンガポールの闇地区としてそれなりに今も機能している。さらにイン・ハウスの売春ビジネスも残っており、それを目当てにやってくる男たちも多い。 夜になれば […]

◆ナイト・オン・ゲイラン。土曜日の夜がゲイランの宴だ

シンガポール編 シンガポールの売春地帯「ゲイラン」からストリート売春する女性たちの数が減っており、もうかつての賑わいが消失しつつあるのは報告した通りだ。(羽田空港からシンガポールに。ゲイランは休眠状態だった) ゲイランのロロン偶数側の入口付近に大陸から来た女性たちがうろうろしている理由も分かった。(ゲイラン。大陸から来た女たちの牙城は、ここにあった) それでも、ゲイランにはまだ「置屋」がたくさん残 […]

◆ジルバブをつけたインドネシアの女性たちはとても華やか

シンガポール編 シンガポールにいるとき、ジルバブを付けたインドネシア女性がたくさんいたので、写真に撮った。 彼女たちは、ゲイラン通りの売春地帯からずっと東に外れたチャンギ・ロードの付近に集まっている。 バタム島にいるとき、現地のインドネシア人から「インドネシア人がシンガポール観光に行ったときに必ず集まる場所がある」と聞いていたが、ここは週末になると買い物目当てのインドネシアの女性でいっぱいになる場 […]

◆ゲイラン。大陸から来た女たちの牙城は、ここにあった

シンガポール編 ところで、ゲイランのロロン18にベトナム女性が5人ほど立っていることは確認したのだが、すでにこのあたりの連れ込み宿はなくなっている。 このあたりはかつてはボロボロになった連れ込み宿があったから女性たちがビジネスをできていた。その連れ込み宿がなくなった今、このベトナム女性はいったいどうやって売春ビジネスを回転させているのか気になった。 いったい女たちはどこを売春ビジネスの「牙城」にし […]

◆ゲイランがどこに向かっているのかを昼間の光景で察した

シンガポール編 シンガポール・ゲイランは政府公認の売春地帯だ。しかし、ストリート売春自体は、黙認されているものの、合法であるというわけではない。 そもそも、シンガポールは出稼ぎを非常に厳しくコントロールしている国だ。その国に外国人女性が「売春出稼ぎ」をしにくるのだから、入国目的からして違法である。 つまり、ゲイランのストリートに立っている外国人女性は、みんな観光等の目的でシンガポールに入ってきて違 […]

◆羽田空港からシンガポールに。ゲイランは休眠状態だった

シンガポール編 日本は成田空港のような遠くて狭くて時代遅れな空港をずっと使ってきたが、それでも私の旅は今まではすべて成田が起点になっており、成田には愛着が深い。 しかし、このグローバル化の時代に、成田のような東京からアクセスの悪い空港を引きずっていたら世界から取り残されるのは必然で、否が応でも羽田を大拡張しなければならない時代となっている。 羽田の拡張ができるかできないか。それが、日本が他のアジア […]

◆売春地帯ゲイランで、グローバル社会の究極の格差を見てきた

シンガポール編 グローバル社会は「格差」を極端なまでに拡大していく社会であることは、私は随分早くから気が付いて、これは日本もひどいことになると懸念した。 それは2000年に入った頃から強く思うようになったのだが、それを確信したのは、シンガポールのゲイラン地区にいた時だったように思う。 ブラックアジア第二部の舞台になったゲイランのことは、今もよく思い出す。(ブラックアジア第二部) ここで、私は「天国 […]

◆都市再開発の波で、売春地帯ゲイランも消えてしまうのか

シンガポールは、とても小さくて狭い国で、人口も過密状態になっている。 にも関わらず、移民がなだれ込んで来ており、以前からずっと土地再開発の必要性が言われていた。すでに人口密度で言うと、あの香港をしのぐとも言われているので深刻だ。 最近では、ブキット・ブラウン墓地を潰して土地を有効に使うという政府計画に対して、住民側が猛反対するという事態も起きているが、墓地を潰さなければならないほど、追い詰められて […]

◆ゲイランで、売春女性が逮捕から逃れるために大暴れする

シンガポールの「ゲイラン地区」は、政府公認の売春地帯である。このゲイランについては、いくつもの記事を書いた。 ・シンガポール・ゲイラン。女性たちの落ちぶれていく場所 ・シンガポールの赤線地帯「ゲイラン」。政府公認の売春地帯 ・ゲイラン・ストリート。シンガポール政府が用意した罪の街 ・ゲイラン地区に、無理やり立たされている白人の女性のこと ・ゲイラン殺人事件。女を殺し、すぐに別の女を抱いていた男 私 […]

◆シンガポールのヘイズ(煙害)は、過去最悪のレベルとなった

以前、シンガポールにいた頃、焦げ臭い空気がうっすらと流れてきて、大気が霧で曇っているようになっているのに驚いたことがあった。ヘイズ(煙害)だった。 焼け焦げた臭いが立ちこめて、ずっと嗅いでいると嗅覚がおかしくなってくる。 インドネシアの焼畑農業で出た煙が、風に乗ってシンガポールに到達しているのだった。風に乗って煙がシンガポールに到達するというのだから、インドネシア側で、相当な面積が焼かれているのは […]

◆アナベル・チョン。シンガポールを震撼させたポルノ女優

かつて、シンガポールを震撼させたひとりの女性がいたのをご存知だろうか。 アナベル・チョン(Annabel Chong 郭盈恩)。 1995年のある日、アメリカ経由で中国系シンガポール人の女学生アナベル・チョンのニュースが、”The News Paper”紙で一面トップで紹介された。 胸を大きく開いたシャツ。足のつけ根まで見えそうなホットパンツ。 そんな格好で大きなバイクにま […]

◆ゲイラン地区に、無理やり立たされている白人の女性のこと

シンガポール編 シンガポールの売春地帯ゲイランでは「リーパ」でも書いた通り、タイ人、インドネシア人、大陸系中国人、スリランカ人と、実に様々な国籍の女性が立っている。 ゲイランについては、行ったことのない人にはまったくイメージすらできないと思う。 どのような場所なのか、以下を参考にして想像してほしい。   ・シンガポール・ゲイラン。女性たちの落ちぶれていく場所 ・シンガポールの赤線地帯「ゲ […]

◆リーパ。ゲイランの街に立つ女の凶悪な目付きに惹かれた

シンガポール編 女性に対する好みというのは、刻々と変わっていく。歳を取って変わることもあるし、時代が美しさの定義を変えることもあるし、自分の考え方が違ってきて変わることもある。 私は20代に入ってから東南アジアの女性しか目に入らなくなった。死ぬまでその嗜好は変わらないと思ったが、それが劇的に転換したのが、リーパと会ってからだ。 彼女はスリランカ女性で、人種的に言えば典型的なインド系の顔をした女性だ […]

◆シンガポールは、同性愛に対して考え方を変えるだろうか?

シンガポール編 シンガポールのオーチャード・タワー前の道を歩くと、いろんな女たちがゆっくりと寄って来る。 この日の夜も、背の高い、ほっそりとした大柄の女が近づき、一寸の隙もなく化粧で塗り固めた人なつっこい顔で笑いかけてきた。 あるシンガポール人が忠告したことがある。「オーチャード・タワーのまわりにいる女たちには気をつけろよ。奴らはレディボーイさ」 それが頭にあったので、近寄ってきた女をじっと見つめ […]

◆荒廃した肌。全身に吹き出物を抱えたタイ女性ナームのこと

シンガポール編 シンガポールの紅灯街である「ゲイラン」は好きだ。実に退廃しており、それが陰湿で、剥き出しなのが素晴らしい。 ハイエナにとって、シンガポールとはすなわちゲイランのことである。 かつてシンガポールはゲイランの他にいくつかの地域が売春地帯として栄えていた。しかし、今では観光客向けのオーチャード・タワーと現地人向けのゲイランくらいしか残っていない。 だから、真夜中になると、性欲に飢えて野獣 […]

◆シンガポールの赤線地帯「ゲイラン」。政府公認の売春地帯

シンガポール編 特に何か意味があるというわけではないのだが、売春女性の動きが面白かったので2005年に会員制サイトにひとつの動画を載せていた。 場所はシンガポールの売春地帯ゲイラン。タミル系のインド女性がやってきた男の目の前で狙い澄ましたようにたちふさがる。シンガポーリアンの男が圧倒され立ち止まる。 女性に圧倒されて後ずさりする男。それを追っていく女性。 結局、男は臆したのか、彼女を振り切って行っ […]

◆シンガポール・ゲイラン。女性たちの落ちぶれていく場所

シンガポール編 シンガポールにはいくつか政府公認の売春地帯があるが、その中でもゲイランは非常に大きな歓楽街になっている。 ただし、バンコクのようにディスコティックな音楽が溢れているわけでもなければ、ゴーゴーバーで女性がビキニで踊っているわけでもない。観光客もいない。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

◆ゲイラン殺人事件。女を殺し、すぐに別の女を抱いていた男

事件 2010年1月14日、シンガポールのゲイランでスリランカ人娼婦を殺して逮捕されていた21歳のインド国籍の男、チャンドラ・レッディが17年の実刑判決を受けている。 異様な事件だった。金で揉めた女性を殴り殺し、そのあとすぐに別の女性を部屋に連れ込んで抱いていた。 シンガポールのゲイランと言えば、知る人ぞ知るシンガポールの売春地帯である。 この地区のスリランカ街娼は娼婦の中でも最も低い位置に置かれ […]