◆都市再開発の波で、売春地帯ゲイランも消えてしまうのか

◆都市再開発の波で、売春地帯ゲイランも消えてしまうのか

シンガポールは、とても小さくて狭い国で、人口も過密状態になっている。

にも関わらず、移民がなだれ込んで来ており、以前からずっと土地再開発の必要性が言われていた。すでに人口密度で言うと、あの香港をしのぐとも言われているので深刻だ。

最近では、ブキット・ブラウン墓地を潰して土地を有効に使うという政府計画に対して、住民側が猛反対するという事態も起きているが、墓地を潰さなければならないほど、追い詰められているということでもある。

都市再開発の対象はこの地区だけではない。ジュロン湖地域に高層マンションや街を作るという計画も、リー・シェンロン首相によって8月に発表されているが、今やシンガポール全土が再開発の対象になっていると言っても過言ではない。

その中で、存続が危うくなっている地区がある。シンガポールの闇として知られる「ゲイラン地区」である。シンガポールの報道紙は、「このゲイラン地区こそ、変革が必要とされている」と述べる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事