◆ジルバブをつけたインドネシアの女性たちはとても華やか

NO IMAGE

シンガポール編
シンガポールにいるとき、ジルバブを付けたインドネシア女性がたくさんいたので、写真に撮った。

彼女たちは、ゲイラン通りの売春地帯からずっと東に外れたチャンギ・ロードの付近に集まっている。

バタム島にいるとき、現地のインドネシア人から「インドネシア人がシンガポール観光に行ったときに必ず集まる場所がある」と聞いていたが、ここは週末になると買い物目当てのインドネシアの女性でいっぱいになる場所なのだった。

シンガポール人は安いからと隣国のマレーシアやインドネシアに買い物ツアーに行くのだが、逆にインドネシア人やマレーシア人もまたハイセンスなシンガポールのイメージに惹かれて買い物ツアーに行く。

ツアーだから、当然ながらインドネシア人が何百人もひとかたまりになってその場所にいる。それが、ゲイラン通りとタンジョン・カトン通り一帯、もっと分かりやすく言えば、”Tanjong Katong Complex”とその周辺だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net