◆シンガポールのヘイズ(煙害)は、過去最悪のレベルとなった

NO IMAGE

以前、シンガポールにいた頃、焦げ臭い空気がうっすらと流れてきて、大気が霧で曇っているようになっているのに驚いたことがあった。ヘイズ(煙害)だった。

焼け焦げた臭いが立ちこめて、ずっと嗅いでいると嗅覚がおかしくなってくる。

インドネシアの焼畑農業で出た煙が、風に乗ってシンガポールに到達しているのだった。風に乗って煙がシンガポールに到達するというのだから、インドネシア側で、相当な面積が焼かれているのは間違いない。

ヘイズについてはそのときは何とも思わず、こんなこともあるのだと思っただけだった。

それから1年後、インドネシアのカリマンタン島(ボルネオ島)のシンカワンという場所に入ったとき、ヘイズの脅威を思い知ることになった。

カリマンタンに入ったときから、焼けるような熱い空気の中に焦げ臭さが含まれていたが、シンカワンに向かうバスの中から外を見ると、あちこちでジャングルが野焼きされていた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事