◆ディスコ・ベイビー。変わっていくプノンペンと売春する娘

◆ディスコ・ベイビー。変わっていくプノンペンと売春する娘

カンボジア編
2001年……。カンボジアはまだまだ貧しい国だ。

しかし、首都プノンペンは徐々に復興しつつあり、先進国と変わりないホテルやスーパーマーケットが建てられるようになっている。

もちろんディスコやバーも存在する。旅行者向けには古くからあったが、地元の若者向けのディスコなどもポツポツと見られるようになってきている。

オキデー・ホテルは入口から見て左わきに地元向けディスコを併設していた。

早い時間にふらっと入ってみれば男ばかりだが、真夜中になると夜遊び大好きなクメール(カンボジア人)の若い女性たちがやってくる。

夜遊びが大好きな女性たち。そんな女性たちがカンボジアに出現しているのである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事