◆アンヘレスのマリエル。アメリカ兵が捨てた娘が売春地帯に

◆アンヘレスのマリエル。アメリカ兵が捨てた娘が売春地帯に

かつて、アメリカの基地があったフィリピン・パンパンガ州のアンヘレスには、アメリカ軍兵士の男たちが現地の女性に産ませて捨てた子供たちがたくさんいる。

このクラーク基地は、1903年にはすでに基地として存在し、1991年にピナツボ火山が噴火するまでアメリカ軍のアジアでの最重要拠点として存在していた。

実際、1960年代から1970年代のベトナム戦争でも、このクラーク基地は重要な出撃地となっている。基地人口は多い時で1万5000人いたと言われている。

人口約15万人に過ぎないアンヘレス市で、1万5000人の兵士がいたわけである。現地の女性たちがアメリカ兵と恋に落ちたり、歓楽街で深い関係になったりしても、まったく不思議ではない比率だ。

実際、アンヘレスでは多くの混血の子供たちが生まれている。責任を取ってフィリピン女性と結婚してアメリカに連れて行った兵士もいる。しかし、現地に女性と子供を捨てて、アメリカに逃げ帰った兵士もいる。

売春地帯アンヘレスでは、そんなアメリカ軍兵士に捨てられたハーフの娘たちが成長して歓楽街で売春している姿がある。そんなひとりに、マリエルという25歳の女性がいた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事

blackasia.net