◆冷気茶室。男の天国、女の地獄と呼ばれた、バンコクの魔窟

◆冷気茶室。男の天国、女の地獄と呼ばれた、バンコクの魔窟

タイの首都バンコクにあるヤワラー(Yaowarat)はチャイナタウンである。このエリアは「魔窟《まくつ》」と呼ばれるに相応しい場所だ。

迷路のように入り組んだ道にひしめく細々とした店、古ぼけて骨董品のようになった建物。金行・食堂・ペット屋・雑貨屋・米屋・葬儀屋が乱雑に、脈絡無く店を開いており、それぞれが強烈なニオイを発している場所……。

ここには「旅社」と呼ばれる安宿も多く、昔は場末の売春宿も林立していたものだった。「冷気茶室」と呼ばれるものも、典型的な売春宿であった。

現在、冷気茶室はほぼ壊滅した。児童売春と女性虐待の巣窟《そうくつ》だった冷気茶室は、警察によって徹底的に追及されて、二〇〇〇年の始め頃にはすでに壊滅状態となった。

しかし一九八〇年代から一九九〇年代は、冷気茶室を当たり前のように見ることができた。昼間から男たちが冷気茶室でぶらぶらしている姿は、珍しくも何ともなかった。毎日のように冷気茶室に通っていた男もいた。売春の値段は「一〇〇バーツから」だった。

当時でもパッポンで女性をペイバー(連れ出し)すると、総額で一〇〇〇バーツから一五〇〇バーツくらいはかかっていたはずだから、いかに冷気茶室が安かったかが分かる。安かろう、悪かろう」というのが現実だったが、もしかしたらそれがヤワラーを荒んだ雰囲気に見せていたのかもしれない。

当時、冷気茶室は「男の天国、女の地獄」と呼ばれていた。男はわずか一〇〇バーツほど出すだけで、エアコンで冷えた部屋で女を抱ける。

「これを天国と言わずに、何を天国と言う」というわけだ。一方、娘の方だが、いろんなところから漏れ聞こえてくる話は、悲惨の一言《ひとこと》に尽きた。知り合いはこう言っていた。

「あの娘たちは、タイの東北地方《イサーン》や、北部の山岳民族の娘で、冷蔵庫と引き替えに売り飛ばされたんだ」


他にも「無学な地方の娘を誘拐してきたらしい」とか「バンコクの工場で働けると騙してそのまま軟禁している」という話もあった。

それだけではない……

(インターネットの闇で熱狂的に読み継がれてきたカンボジア売春地帯の闇、電子書籍『ブラックアジア タイ編』にて、全文をお読み下さい)

ブラックアジア・タイ編
『ブラックアジア・タイ編 売春地帯をさまよい歩いた日々(鈴木 傾城)』

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

ブラックアジア書籍カテゴリの最新記事