◆ロシアが生んだ武器商人ビクトル・ボウトが禁固25年の刑に

NO IMAGE

2012年4月5日、ニューヨーク連邦地裁が、ロシアの「死の商人」ビクトル・ボウトに禁固25年という厳しい判決を言い渡している。

これに対してロシアは「事実無根で偏っている」と猛烈に抗議しているが、この背景には、このビクトル・ボウトがソ連軍参謀本部情報総局の出身で、機密情報が漏れることを恐れているとも言われている。

シベリアを支配するロシア最大の石油会社と言えば、ロスネフチだが、このロスネフチの会長がイーゴリ・セーチンという政治家で、プーチンの右腕とも言える存在だ。

ビクトル・ボウトはこのイーゴリ・セーチンと裏で親しくつながっていたと噂されているのである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事