◆栩内香澄美。操っていたのか、それとも堕とされたのか?

NO IMAGE

2014年5月17日、宮崎重明という日本の歌手が覚醒剤で逮捕されている。覚醒剤所持。

逮捕されたのは自宅ではなく、「知人宅」とあったが、その知人というのが栩内香澄美(とちない・かすみ)という37歳の女性で、港区南青山3丁目にあるマンションだった。警察では「会社員」とだけ書かれている。

しかし、私はこの女性が本当に「会社員」だったのかどうか疑問を持っている。

この港区南青山3丁目のマンション「プリヴェール南青山」は、表参道から徒歩3分という場所である。

このあたりは私もよく知っているが、言うまでもなく都内一等地であり、普通の「会社員」の女性が住める場所ではない。1ヶ月の家賃は平気で20万円程度はする。

そういった場所に住んでいて、しかも芸能人と関係があるので、私はこの女性の「裏の顔」の方に関心がある。私は彼女が何者か分からないが、間違いなく闇を抱えた女性であるということだけは感じる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事