◆炊き出しや掃除ボランティアで「良い人アピール」をして少女を毒牙にかける手口

◆炊き出しや掃除ボランティアで「良い人アピール」をして少女を毒牙にかける手口

今、歌舞伎町のシネシティあたりには、昼間から座り込んでダラダラしている未成年がいる。

彼らは「トー横キッズ」と言われるようになっているのだが、マスコミが「こういう子供たちがいる」とテレビで報道して煽ったので、今でも家出してきた少年少女がここを目指して集まってくる。

通行人に罵声を吐いたり、暴力を振るったり、オーバードーズの子が自殺したり、「トー横キッズ」絡みでは、いろんな事件があった。(ブラックアジア:トー横で知り合った18歳男子と14歳女子がオーバードーズして飛び降り自殺

今ではトー横の彼らが居ついてた場所はトゲ付きの「人よけ」が設置されて、監視員が立ったりするようになったので、彼らの一部がシネシティ側に移った。

ここで家出した未成年の支援をしていたり、掃除のボランティアなどをしていた32歳の目立つ男がいた。この男は「歌舞伎町卍会」という団体を作っていて、インターネットでは代表「ハウル・カラシニコフ」と名乗っていた。

Twitterにもアカウントを持っていたりするのだが、ボランティア活動の様子を精力的にアップして善人を装っていた。「今日も人の為に何かできないか探します」とか書いていた。

マスコミもこの歌舞伎町卍会を好意的に取り上げたりしていて、32歳のこの人物を、「見かけは不良だけれども、良いことをしている心の清い人」みたいな扱いでクローズアップしていたのだった。

「少女が売春に巻き込まれないように支援しています」
「歌舞伎町をほっとする場所にしたい」
「ロリコンは追い出した……」

ところが蓋を開けてみると、この男がロリコンで、少女を毒牙にかけていたという、歌舞伎町らしいオチが待っていた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

歌舞伎町カテゴリの最新記事