◆戦争になれば、すべての女性が時代に翻弄されて不幸になる

◆戦争になれば、すべての女性が時代に翻弄されて不幸になる

フランスは1940年にナチス・ドイツに占領されて、それ以来1944年までドイツの支配下にあった。ノルマンディー上陸作戦が開始されて8月25日に解放されるまで、フランス人は苦心惨憺たる生活にあった。

この4年間、フランスの中で最も嫌われていたフランス女性たちは誰なのか。

それは、占領者であったドイツ軍将校の愛人となって生活していた女性たちである。彼女たちはフランスを捨てて、ドイツ人に身を売った裏切り者と見なされていた。

フランス全体がナチスに占領されて意気消沈しているところを、彼女たちは祖国をあっさりと裏切ってドイツ将校に身を売り、ワインを飲み、踊り、セックスを楽しんでいたのだ。

多くのフランス人は彼女たちに憎悪を抱いて苦々しく見つめていた。

やがて、1944年8月25日、ナチスは敗退してフランスから出て行き、後にはこの女たちが見捨てられてフランス国内に残された。彼女たちはどうなったのか。

ここに、1枚の写真が残されている。

You need to be logged in to view the rest of the content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

戦争カテゴリの最新記事