◆南スーダンで起きている狂気の殺戮とレイプの裏にあるもの

NO IMAGE

ルワンダの大虐殺はフツ族によるツチ族の大虐殺だったが、この大虐殺を煽動したのが「千の丘の自由ラジオ」であった。

「ツチ族は嫌いだ。ツチ族はクズだ。ツチ族は我々を嘲笑している。だから、ツチ族を殺してしまえ、ツチ族を皆殺しにしろ、殺してしまえ、みんな殺せ、殺せ、殺せ、殺してしまえ!」

激しい煽動の言葉に感化されたフツ族は、たった4ヶ月の間にツチ族を100万人も殺してしてしまった。(ヘイトスピーチに扇動されて、民族大虐殺が起きたルワンダ

今、南スーダンでルワンダと同じ、異常なまでの暴力煽動ラジオが台頭しており、この煽動に煽られて狂気のような暴力がエスカレートしていると複数のメディアが報道している。

暴力の裏側に、殺人とレイプを煽動する危険なラジオがあったのである。

南スーダンのみならず、アフリカでは未だに「ラジオ」が重要なメディアとなっている。新聞よりも、インターネットよりも、ラジオが最も重要なのである。なぜなのか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事