◆子供だらけの国インドと、子供のいなくなったタイや日本

NO IMAGE

インドをさまよい歩くのが楽しいのは、どこを歩いても子供たちがたくさんやってきて好奇心たっぷりの目で私と戯れようとすることだ。

総じてインドの子供たちは愛くるしくて、しかも極端に人なつっこい。子供たちを見ているだけでもインドに来て良かったと感じることも多い。

子供たちがたくさんいて、その国にいるのが楽しくなる国はもうひとつある。フィリピンだ。この国もやはり子供たちだらけで街に出ると退屈することなど絶対にない。

どんな辺鄙な村、島に行っても、必ず大勢の子供たちに囲まれて、一緒に戯れているうちに時間が経ってしまう。やはり、フィリピンの子供たちも人なつっこくでかわいらしい。

インドとフィリピンは私にとってたくさんの子供たちと時間を過ごせるとても楽しい国のひとつである。

今回も、インドの子供たちとたっぷり時間を使って過ごして来たが、やがて帰国の日が来たので、経由地のタイに戻った。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事