◆ドラッグに覆われたメキシコの現状をよく描写した映画3本

NO IMAGE

アジアと共に私がよく訪れていたのがメキシコだが、このメキシコの貧困地帯の荒廃ぶりは、アジアで言えば1990年代のカンボジアや、都市スラムが延々と広がるインドを彷彿とさせるものだった。

メキシコは、ドラッグ・売春・暴力・腐敗・貧困と、すべての退廃と悪徳が凝縮されており、このような殺伐とした環境の中で自由に動き回りたい旅人にはうってつけの国だった。

もっとも、それは2000年代までの話で、それ以降のメキシコは躍進するドラッグ・カルテルで凄惨なものになっている。

いまやメキシコのアンダーグラウンドを歩くというのは、死ぬというのと同義語だ。それほどひどい有様となった。

このあたりの凄まじいまでの暴力は、シリーズとしてこちらにまとめている。あまりの暴力の過激さに息を飲むはずだ。(「殺戮大陸メキシコの狂気」史上最悪の犯罪組織

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事