◆性交痛。ハイエナは潤滑ゼリーが提案できるような配慮があってもいいはず

◆性交痛。ハイエナは潤滑ゼリーが提案できるような配慮があってもいいはず

売春地帯で働く女性たちは男とは最後にセックスに行き着く。女性たちは、それでカネを稼いでいる。だとすれば、何らかの事情でセックスができないというのは生活に関わってくる切実な問題であると言える。

女性の身体はデリケートにできているので、すべての女性は常に男を受け入れられるわけではない。売春で生きている女性がセックスできない時というのは、しばしばある。生理の時。病気にかかっている時。そして、性交痛がある時。

いくらセックスが仕事であると言っても、痛みや危険が伴うような時は、仕事ができるわけではない。調子が悪い時は、休まなければならないのは当然だ。しかし、生活のために、痛みがあろうが調子が悪かろうが休めない女性もいる。

性行為のたびに激痛を耐えながら仕事をするというのは、地獄に等しい世界だろう。

しかし、振り返ってみると、もしかしたら性交痛を感じながら耐えて仕事をしていたのではないかと思う女性を何人か思い出すことができる。

私が真っ先に思い出すのは、シンガポールの売春地帯であるゲイランで働いていたインドネシアの女性だ。(ブラックアジア:ウィナ。大人の顔に子供の身体がついているように見えた

彼女は潤滑ゼリーを片手に持って仕事をしていた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事