小宮克久。タイ・チェンマイでマリファナを大量栽培して逮捕された日本人

小宮克久。タイ・チェンマイでマリファナを大量栽培して逮捕された日本人

小宮克久はこの有機栽培のマリファナ栽培事業に200万バーツ(約680万円)を費やし、月40万バーツ(約136万円)の売り上げを上げることも目標としていたと語っている。証拠として押収されたのは、407本のマリファナ。数百本のマリファナエキス、乾燥したガンジャ(乾燥大麻)、そしてマリファナの種子、抽出器具だ。小宮克久は「許可を得ている」と言っているのだが、タイ警察当局は明確にそれを否定している。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。まぐまぐ大賞2019メディア『マネーボイス賞』1位。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。(連絡先:bllackz@gmail.com)

「マスターK」こと小宮克久

タイ・チェンマイで3人の日本人が逮捕されている。逮捕されたうちの1人は小宮克久という41歳の男である。

なかなか面白い男で、タイで堂々とマリファナを栽培し、ツイッターでも「@MasterK72037558」というアカウントで「マスターK」と名乗ってマリファナのツイートを上げまくっていた男だ。

『タイ政府公認の大麻栽培グロワーです。人の為の研究してます。フェノハント、ゲノム判定で最高の種作ります。1000発中の1発が僕の情熱です』

このようにツイッターのプロフィールに書いているのだが、逮捕されているのだから『タイ政府公認』というのは嘘だったということになる。

近所の人もこの男がマリファナを栽培しているのは知っていて「マフィアだと思った」とか言っているので、この男は「逮捕して下さい」と言わんばかりに大っぴらだったということになる。

タイではいよいよ医療用大麻が合法化されているのだが、この男は嗜好用のマリファナを栽培していたのだから、仮に販売ルートが解明されて国外にも販売されていたというのが証明されたら、終身刑か懲役50年の懲役になるはずだ。ちなみに、最高刑は「死刑」である。

栽培していた量が尋常ではないので、周辺国の人間であったら死刑宣告だったと思うが、日本人だということもあって恐らく手加減されるので、最高でも終身刑あたりで決まるのではないだろうか。

流暢にタイ語を話せて人を丸め込むスキルもありそうな男だ。恐らくチェンマイでそれなりの人脈も作っているのだろう。

「タイを助けるためにやった」「金はある」と捜査員にアピールしているので、本人はワイロで保釈されるつもりでいるようだが、果たして金の力がどこまで通用するか注目している。

しかし、こういうタイの法律を舐めきっている悪人を保釈するような前例をタイ当局が作るとは思えないので、さすがに小宮克久の思惑通りにはいかないように思える。

ブラックアジアでは有料会員を募集しています。よりディープな世界へお越し下さい。

自宅に突入 逮捕の一部始終

いったい何者だったのだろうか

それにしても、小宮克久とはいったい何者だったのだろうか。興味深いことに、逮捕される3年前に、タイ在住の作家である高田胤臣(たかだ・たねおみ)氏がこの男にインタビューしている記事があった。

『38歳の日本人がタイの大学院で農学を学び始めた理由』という記事だ。(ハーバー・ビジネス・オンライン:38歳の日本人がタイの大学院で農学を学び始めた理由

さらに、2013年にも高田胤臣氏が小宮克久をインタビューした記事があった。日刊SPA!の『和食ブームのタイでコシヒカリ作りに挑戦する日本人』という記事だ。(日刊SPA!:和食ブームのタイでコシヒカリ作りに挑戦する日本人

こうした記事もあって、小宮克久は現地の日本人社会の中では割と知られていた男だったということだ。こんなことになってインタビューした高田胤臣氏もさぞかし仰天していることだろう。

この記事を読んでいくと小宮克久という男の経歴が追える。

・大学卒業後に香港の旅行会社に勤めていた。
・実家の旅館経営を一時期手伝っていた。
・タイでビジネスを考え始めた。
・2013年にタイでコシヒカリ作りに挑戦し始めた。
・チェンマイ大学に入学に入学。
・オーガニックファームの研究。
・チェンダオでゲストハウス「ファイナルランド」の設立
・2020年5月からツイッターを始める。
・2020年10月、マリファナ栽培で逮捕。

この男がいつからマリファナを栽培するようになったのかは正確には分からないのだが、農業をビジネスをする男が、より大きな利益を得るために「マリファナ」に目を付けたのは必然だったのかもしれない。

自制心と良心と良識は、どうやら働かなかったようだ。

1999年のカンボジアの売春地帯では何があったのか。実話を元に組み立てた小説、電子書籍『スワイパー1999』はこちらから

マリファナを買った日本人もいる

タイ警察によると、小宮克久はこの有機栽培のマリファナ栽培事業に200万バーツ(約680万円)を費やし、月40万バーツ(約136万円)の売り上げを上げることも目標としていたと語っている。

証拠として押収されたのは、407本のマリファナ。数百本のマリファナエキス、乾燥したガンジャ(乾燥大麻)、そしてマリファナの種子、抽出器具だ。小宮克久は「許可を得ている」と言っているのだが、タイ警察当局は明確にそれを否定している。

この男と同時にタイ人スタッフと日本人2人が逮捕されているのだが、他の日本人は誰なのか。

『PJA NEWS』では「仲間割れし、強盗、恐喝、不法侵入、誘拐未遂、他に不法滞在、不法就労などをしたと見られる事件」とある。例によって、タイに巣食うゴロツキの日本人だったように見える。(PJA NEWS:麻薬製造の上に恐喝、誘拐未遂等!日本人3人を摘発

状況を見ると、「タイで手広くビジネスでやっていた小宮克久という男が、もっと金儲けをするためにマリファナ栽培を始めて、ゴロツキを集めてビジネスをしたが仲間割れして、警察に密告されて逮捕された」というところだろうか……。

マリファナの販売はインターネットで行われていたということなのだが、FNNプライムオンラインでの報道を見ると「販路は日本」となる。そうであれば、これからこの男からマリファナを買った日本人の逮捕もこれから相次ぐことになるだろう。

小宮克久は『CaLA』というSNSに関わっているという噂も流れている。以下のものだ。

https://420jp.net/cala2/

このSNSは「Slack」を利用したシステムらしいのだが、このSNSの謳い文句は「大麻好きの、大麻好きによる、大麻好きの為の自由なSNS」というものだ。

「誰がいつどんなことを言ったかなど、絶対にわからないように設定してある」と書かれているが、登録はメールアドレスであり、サーバーにはアクセスログが記録されてあるはずなので会員の身元は割れる。

このシステムを運用していた日本人も逃れられないので、警察にすべて話すのは時間の問題だろう。

『CaLA』が本当に小宮克久のものなのだとしたら、登録者は一網打尽だろう。日本ではマリファナは禁止されているのだから、インターネットでマリファナを買う人間もどうかしている。心当たりのある人間はさっさと自首した方がいい。

どのみち逮捕されるのだから……。

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事