◆幼児期に性的虐待を受けた女性が暴力的な夫と結婚する理由

NO IMAGE

アメリカの有名なフェミニズムに、ダイアナ・ラッセルという女性がいる。

この女性はアメリカの930人の女性を調査して、女性の38%が18歳までに何らかの性的虐待を受けた経験があるという結果をまとめた女性だ。

そして、性的虐待を受けた女性たちがトラウマを隠し持ちながら、暮らしていることを世間に訴え続けて来た。

ダイアナ・ラッセルはこの幼児期に受けた女性のトラウマを「シークレット・トラウマ」と名付けて、そのトラウマが引き起こしている様々な例を挙げている。

そのトラウマは、鬱病や自傷や摂食障害や不眠症やドラッグ依存、アルコール依存となって現れるのだという。さらに、その中で奇妙なことが起きていたことも報告している。奇妙なこととは何か。

それは、子供時代に近親相姦の被害を受けた女性は、暴力的な夫と結婚する確率が普通の女性よりも2倍、そして夫にレイプされる確率も3倍高いということである。

子供の頃に性的な虐待を受けた女性は、いったいなぜ暴力的な夫と結婚する確率が高いのか?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net