◆いまだに人類の心の闇に残る、人種差別という原始的な感情

NO IMAGE

アメリカでは未だに白人優位主義であるKKK(クー・クラックス・クラン)団のような組織が小規模ながらに生き残っていて、南部で地道に活動をしているという。

彼らにとって、白人はこの世の支配者である。黒人、ヒスパニック、ユダヤ人、アジア人は、白人に劣る存在であると考えられている。

彼らはインターネットで布教活動をして、人員を募り、子供のうちから、白人優位主義の思想を叩き込むような教育を続けている。

彼らは白人こそが「神から選ばれた人種であり、その純潔は守られなければならない」と信じている。だから、他民族の血が混じるようなことは決して許されない。

こういった子供たちが大人になったら、当然のように白人優位主義を主張していく。

いかにも時代錯誤だが、人種差別思想はアメリカでも根強く生き残っている現実が見て取れる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事