◆多種多様な人種が混合したスペインと、それぞれ異なる女性たちの裸体

◆多種多様な人種が混合したスペインと、それぞれ異なる女性たちの裸体

私は沖縄で会った「自称ハーフ」の女性が本当にハーフだったのかどうか、今もずっと考えている。本当に彼女は謎の女だった。(ブラックアジア:那覇の夜(3)ハーフの女性がくるはずだったが、そうではなかった?

彼女は自分を「スペイン人」だと言ったのだが、もしそれが本当だったとしたら、私は人生で初めてスペイン女性と関わったことになる。

それにしても、スペイン人というのはどういう人種なのか。

スペインと言えば、ちょうど今、どこかの自治州が独立運動を繰り広げていて国が割れるかどうかの瀬戸際になっているというのは知っていた。

沖縄から東京に戻って改めて調べてみると、それはカタルーニャ自治州だというのだが、このカタルーニャに住む人々は、スペイン人の前は「カタルーニャ人」として暮らしていて、今もカタルーニャ語を話しているというのを知った。

日本も沖縄は元は琉球王国であり、生粋の沖縄人は日本人の前は琉球人だったというのと似たような経緯なのだろう。スペインには他にもアンダルシア州にはアンダルシア語を話す別の「民族」がいる。つまり、スペイン人は「他民族国家」の集まりであったということになる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事