◆インドのガンジス川に死体が流れているというのは本当の話だ

◆インドのガンジス川に死体が流れているというのは本当の話だ

インドのガンジス川(ガンガー)は「聖なる川」なのだが、「聖」だからと言って美しいわけではない。むしろ、その逆に非常に汚染された汚れた川である。

それは、インド中から多くの人たちがやってきて、この聖なる川で沐浴し、聖なる川に死体を流し、ゴミを捨て、サリーを洗い、灯籠を流し、排泄するからである。

まさに、ゴミだらけの川だ。どれくらい汚いのかというと、2007年には世界で最も汚染された川ワースト5に選ばれるくらいだと言えば理解できるかもしれない。

しかし、人々はそれを物ともせずやってきて、この川に浸り、感激に打ち震える。

この川は神話では天上を流れていた川だった。それをブラフマー神が地上を流れるようにしたという言い伝えがあって、人々は無邪気にそういった神話を好み、神話と一体化したいと願う。

そして、ここで火葬して骨を流すことは、まさに自らが神話になることであり、そういった決断をする人々は敬意を表されるのである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事