楽観主義

「世の中は年々良くなっている」という嘘。奇妙な楽観主義には気をつけろ

「世の中は年々良くなる」という主張は正常ではない。現実は「良くなっていく局面もあれば、悪くなっていく局面もある。場合によっては飛びきり悪くなってしまうこともある」というものである。世間知らずの教授なんかが、こういう考え方を好んで「世の中は年々良くなる」という主張をしたがるのだが間違っている。(鈴木傾城)

1990年代の経済情勢が悪化から「前向き思考」が宗教のように広がった

日本は1990年にバブルが崩壊し、その頃から急に「前向き思考(ポジティブ・シンキング)」を極度に礼賛するようなものが持てはやされるようになり、それが長らく続いた。 興味深いことに、日本の経済が悪化していけばいくほど、その前向き思考はどんどん原理主義化していき、もはやネガティブなことを考えることや、落ち込むことすらも自分で許さないような方面にまで到達していった。 よく考えれば分かるが、人は誰でも絶好 […]