◆ホストクラブで遊ぶために娘を毒殺した事件の「本当のワル」は誰か?

◆ホストクラブで遊ぶために娘を毒殺した事件の「本当のワル」は誰か?

2018年10月31日、24歳の女性が殺人罪で懲役8年の判決を言い渡されている。

事件当時、東京都目黒区の高級住宅地に住んでいた田畑幸香(たばた・さちか)という女性で、彼女は生後2ヶ月の我が子に自分の祖母が服用していた高血圧の薬を故意に飲ませて殺していた。動機は何だったのか。

「子供がいたらホストクラブで遊べないから」だった。

ホストクラブが林立する新宿歌舞伎町では、ホストにハマった女性が飛び降り自殺をする事件が相次いでいる。(ブラックアジア:空から人が降ってくる街、歌舞伎町。境界線を踏み越えたら助からない

この記事の後にも、歌舞伎町では自殺の名所として有名な場所で女性がまた飛び降りている。自殺の名所とはここだ。(ブラックアジア:歌舞伎町の自殺の名所。ホストに疲れた女たちはここで飛び降りる

ホストという「口座」に有り金すべてをつぎ込み、足りなくなった分は銀行のカードローンや消費者金融で借りて貢いで、金が引っ張れなくなったら捨てられて自殺する女性が大量に出ている。

そして、悲劇はそれだけではなかったのだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

歌舞伎町カテゴリの最新記事