◆日本人も、もう少し柔軟な考え方をしてマリファナを見直しても良い時期だ

◆日本人も、もう少し柔軟な考え方をしてマリファナを見直しても良い時期だ

日本ではあまり話題になっていないが、2018年10月17日、カナダは嗜好品としてのマリフアナ(大麻)の所持・使用を完全に合法化した。

このマリファナ解禁はジャスティン・トルドー首相の選挙公約のひとつでもあったので、カナダがマリファナ合法化に向けて舵を切るのはすでに2015年から分かっていた。すでにマリファナ産業は200億円産業になっており、今後も成長は続く。

こうした「マリファナ」の成長を取り込むために、アメリカのビール企業や飲料食品企業もマリファナを自社製品に取り込む研究を開始しており、この流れはどんどん広がっていくのは必至だ。

私たち日本人は、かつては麻(あさ)文化を持っていたのに、アメリカに「麻(あさ)は非合法」と言われたらそのまま何も考えずに非合法にしてしまって、危険なドラッグに「麻薬」という漢字を当てて平然としている国だ。

そのため、多くの日本人はいまだに「マリファナは人間を破滅させるドラッグ」「危険な物質」というイメージしか持っていない。そして、「マリファナ解禁」などと言っている人間は、人生を捨てた下層のチンピラくらいな印象であるはずだ。

しかし、アメリカでもEU(欧州連合)でも、すでに意識は変わり、明確に時代が変わりつつある。

大麻(マリファナ)は、すでに覚醒剤やヘロインとは違い、むしろアルコールやタバコのように解禁されても問題ない「嗜好品」の扱いになっているのである。(鈴木傾城)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事