◆ポルポト政権誕生までの政治状況14 – そして、シハヌークは追放された

NO IMAGE

1969年、クメール・ルージュ一派はジャングルの奥へ奥へと追いやられ、もはや壊滅一歩手前だったが、その頃中央政権はどうなっていたのだろうか。

実は、農民反乱を抑え、クメール・ルージュを壊滅まで後一歩まで追い詰めたシハヌークであったが、そのせいで問題を抱えてしまっていた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事