◆からゆきさん(4)二木多賀次郎と、村岡伊平治について

NO IMAGE

シンガポールのシンボルは「ライオン」だ。だから、マー・ライオンがシンガポールの観光名所になっている。しかし、シンガポールにはライオンがいたわけではない。シンガポールにいたのは「虎」のほうだ。

1870年頃のシンガポールは重要な港町ではあったが、それでもシンガポール全体が都市だったのかというと、まったくそうではなかったようだ。

「付近はまだ草茫々としていて、虎も折々出て人をさらひ、鰐は少しも珍しくない」という状態だったという(邦人海外発展史)。

今のシンガポールを見ると、野生の虎がいたというのが信じ難い話なのだが、調べてみると本当にいたようだ。

シンガポールは、「シンガプラ」と今でもマレー人やインドネシア人は言う。

私が知っているあるスリランカ女性リーパも、シンガポールのことを「シンガプラ」と言っていた。(リーパ(1)夜の街に立つ彼女の凶悪な目付きに惹かれた

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事