◆キル・ベイビー 。彼女は妊娠と性病とエイズの恐怖に泣いた

◆キル・ベイビー 。彼女は妊娠と性病とエイズの恐怖に泣いた

悲劇は突然やってくる。前触れなどまったくない。この日もそうだった。

まだ堕落の街が堕落を剥き出しにしていた一九九九年頃、健在だったライブ・バーに寄ってみようと考えた。かつてはライブ・バーも、その頃は行かなくなっていた。しかしどういうわけか、その日は無性に寄ってみたくなった。

パッポンのハードコアと言えば、二階のライブ・バーになる。一階のゴーゴーバーが決してバタフライ(ビキニの下)を脱ぐことはない。しかし、二階はオールヌードで踊り狂い、性器を使ったさまざまなショーが繰り広げられている。

それが好きだというよりも、その退廃の雰囲気が好きだった。

かつては男女によるセックス・ショーまでもが公然と行われていたが、こちらの方はたび重なる警察の手入れによってすっかり自制されてしまっていた。

まだセックス・ショーが隆盛を誇っていた一九八〇年代の後半。二階のライブショーには立錐の余地もないほど男たちが詰めかけて、燃え上がるような熱気にあふれていた。

かつてのパッポンは一階のバーは単なる休憩所で、本当のお楽しみや狂態はすべて二階のライブ・バーにあった。

美しい女も楽しい女もぶっ飛んだ女も、すべてはそこに集結していた。一階はパッポン初心者専用のコーナーで……

(インターネットの闇で熱狂的に読み継がれてきたカンボジア売春地帯の闇、電子書籍『ブラックアジア タイ編』にて、全文をお読み下さい)

ブラックアジア・タイ編
『ブラックアジア・タイ編 売春地帯をさまよい歩いた日々(鈴木 傾城)』

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

ブラックアジア書籍カテゴリの最新記事