◆決闘場(スタディウム)。ハイセンスな売春パブと怒る女性

◆決闘場(スタディウム)。ハイセンスな売春パブと怒る女性

インドネシア編
インドネシア首都ジャカルタは、高層ビルが林立する大都市にふさわしく眠ることはない。

マンガ・ブザール通りを西に歩いて大通りに出ると、そこはハヤム・ウルッ通りである。夜の11時頃、マンガ・ブザールからハヤム・ウルッ通りに出て南に向かって歩いていた。

昔はこの辺に売春女性が立ち並んで客を取っていたと聞いているが、今は彼女たちの姿は見かけることもなかった。

時期が悪かったのか、時間が悪かったのか、それとも最初からこんなところにいなかったのかは分からない。肩をすくめてさらに南下して行った。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事