◆しゃぼんだま。コルカタのリシーダの身体を見て思ったこと

NO IMAGE

インド編
コルカタにはボスティ(スラム)が多く存在する。そして大小は別にして、ボスティのまわりには売春地帯が存在する。スラムから抜け出せない男が、スラムから抜け出せない女を売るからだ。

コルカタのある川沿いに拡がるボスティにも売春宿が立ち並んでいるのはよく知られている。ここはソナガシと違い、外国人の姿はほとんどない。ここは現地の男たちがさまよう売春地帯である。

評判は芳しくない。

何しろ治安が悪く、昼間でも面白半分に銃を見せつけて撃つ真似をするようなチンピラがたむろしているし、強請(ゆす)り、たかりは当たり前のように行われる。ソナガシよりも、さらに治安は悪い。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事