◆映画「未来を写した子どもたち」に、ソナガシが描写されている

NO IMAGE

インドと言えば日本人の多くは遠い国の存在だし、ましてその中の超貧困地区や、退廃地区に至っては、ほとんどの日本人は足を向けることもないし、関心を示すこともない。

世界遺産のタージマハールは知っているが、ソナガシなどと言われても、それがどこにあって、どんな場所なのかすら知らないだろう。

当然だ。そこは観光地でもなく、普通の人が足を踏み入れていい場所でもない。

タージマハールは観光客が行くところで、ミッショナリーズ・オブ・チャリティは聖者が行くところで、ソナガシは骨の髄まで堕落した男が行くところだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事