◆インドネシアがインドネシア人の国というのは大きな誤解だ

NO IMAGE

インドネシア編
インドネシアはインドネシア人の国だと思っている人がいる。実はとても大きな間違いだ。

インドネシアはインドネシア人のための国ではない。

たとえば、スハルト時代、スハルト一族は稀に見る資本独占に成功して「スハルトは金に狂った男だった」とワヒド元大統領に言わしめた。

一時、インドネシアは「スハルト一族の持ち物」だった。しかし、スハルトが去って、時代は変わった。インドネシアはインドネシア人のものになったのだろうか。

いや、なっていない。別の存在がインドネシアをいまや100%支配してしまっている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事