◆銀行口座が持てない……。日本もアンダーバンクドの人たちが増えると思う理由

◆銀行口座が持てない……。日本もアンダーバンクドの人たちが増えると思う理由

途上国のセックス産業に堕ちていく女性たちには、共通して欠けているものが一つあった。それは貯金である。

日本ではカードを持たないという女性はたくさんいるが、途上国の貧しい女性は、生まれてこの方、カードどころか銀行通帳すらも作ったことがないという女性もいたのだ。あまりにも貧困過ぎて、生まれながらにして銀行と接点がなかった。

銀行口座を持っていない人たちのことを「アンダーバンクド(underbanked)」と呼ぶのだが、世界では20億人から30億人がアンダーバンクドの状態にある。東南アジアを見ても、7割の成人が今も銀行口座を持っていないのが現状だ。特に女性はそうだ。

東南アジアは発展したとは言われているのだが、カンボジアやラオスやミャンマーは今でもアンダーバンクドにある貧しい人たちが私たちが思っている以上に多いということを意味する。

特にミャンマーは悲惨なことになっている。ミャンマーはこれから経済発展していこうとしている国であったが、軍のクーデターが起きて成長どころか経済崩壊した中で再び自給自足の原始社会に戻ってしまった。

こうなってしまっては、もはや銀行口座どころではない。生きていくだけで精一杯だ。(ブラックアジア:国民の48.2%が絶対貧困。ミャンマーは近いうちに「飢餓国家」になっていく

すでに国際社会はミャンマーのことなど頭の片隅にもない。

来年あたりから、私はタイの売春地帯はミャンマーの密入国の女性でいっぱいになっていると考えているのだが、オミクロン後はタイの歓楽街がどうなるのか、そのあたりにも注目している。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

社会問題カテゴリの最新記事