◆「仕事が欲しければ俺と寝ろ」誰もが知っている社会の闇はこれからも続いていく

◆「仕事が欲しければ俺と寝ろ」誰もが知っている社会の闇はこれからも続いていく

榊 英雄《さかき・ひでお》という映画監督が、自らの映画に出る女優たちに性行為を強要したとして、7人の女優に告発されたという事件があって、公開予定だった映画も中止になる事件があった。

そうした衝撃も冷めないうちに今度は榊英雄とつるんでいた俳優である木下ほうかという男優もまた「演技指導」という名目で女優を自宅に呼んで同じように性行為を強要していたことが明らかとなった。

2017年に、ハリウッドを代表する大物プロデューサーとして絶大な権力を持っていたハーベイ・ワインスタインという男が、恒常的に若手女優や自社社員の女性社員に「仕事が欲しければ俺と寝ろ」式のセクハラを行っていた事件があった。

この「事件」はアメリカを揺るがす一大スキャンダルとなって一流紙からタブロイド紙までがこぞって取り上げるネタとなって、後に世界的な「MeToo」運動に発展したきっかけとなった事件だった。

そして、この事件から著名な俳優たちもまた同じことをしていたというのが次々と暴露されるという事態となっていったのも記憶に新しい。

この榊英雄と木下ほうかの事件は、ワインスタイン事件と構造がそっくりである。日本でもこうした事象は普通にあると言われていたのだが、この榊英雄と木下ほうかの告発で「やはり日本もあったか……」と誰もが思ったはずだ。

どこの世界の業界でも金や権力を持った男が、立場を利用して女性に性行為を強要するというのは「お馴染みの構図」であり、今さらこうした事件が表沙汰になったとしても誰も驚かない。

それが社会の裏側にある「吐き気のする現実」であることを誰もが知っている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

事件カテゴリの最新記事