◆ガート・コパール。部屋にベッドすらもないスラム売春地帯

NO IMAGE

インド編
インドの売春地帯は本当に荒んでいて、どこを訪ねても晴々とした気持ちになることなどまったくない。

それはニューデリーだろうが、コルカタだろうが、ムンバイだろうが、同じだ。荒廃の状況はそれぞれ違うのだが、どうであっても荒廃しているのは間違いない。

ムンバイ郊外にあるガート・コパールも同様だ。

この売春地帯はインドの列車が通る線路脇に作られたスラムから派生した売春地帯である。

建物は強い豪雨でも来れば吹き飛んでしまいそうな粗末なバラック小屋が建ち並び、列車が通るたびに地震のように揺れた。

過去に何度か放火されたと言われているから、いずれまた放火されるはずだ。そんな場所が売春地帯になっていた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事