◆ハイチの隣国、ドミニカはアメリカ人の売春島になっている

NO IMAGE

2010年にハイチで巨大地震が起きてほとんど壊滅状態になったあと、多くの子供たちが売られ、隣国のドミニカ共和国に一度集積されて、そこから世界に散らばっていくルートができた。

このドミニカという国は、いったいどんな国なのか。

同じ島でハイチとドミニカは東西が分かれているのだが、ハイチはフランス語圏で、ドミニカはスペイン語圏、国の雰囲気はまったく違う。

ドミニカは旧市街が世界遺産にもなっているが、非常に外見がお洒落で見栄えの良い「観光国家」なのである。旧市街の石畳の光景は、写真で見てもその美しさが分かる。

澄んだカリブ海に、豊かな自然、ビーチ、酒、そして人懐っこい住民たち。まさにリゾートとしての要素をすべて満たしている。アジアで言えば、島嶼国家であるフィリピンに近いかもしれない。

そして、国全体が貧しいために、やはりフィリピンと同じく、夜の世界では売春が渦巻く結果となっている。

日本人にはあまり知られていないが、要するにこの国は、アメリカ人にとっての「売春島」なのである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事