◆子供売買ビジネス。ハイチでもあった子供売買の邪悪な手口

NO IMAGE

アンダーグラウンドの世界では、子供たちは「商品」である。教育を奪い、自由を奪えば、子供たちはあたかも家畜や奴隷のように従順に扱うことができる。

男の子は強制労働に使われ、女の子は召使いや性奴隷として使われる。世界中どこでも最貧国では子供の売買が行われていて、その多くはアシが付かないように、国外に売り飛ばされる。

東南アジアで最も子供の売買で有名な国はフィリピンだが、タイもカンボジアもベトナムもラオスもミャンマーも、みんな「児童売買」が頻繁に行われている国だ。

インド圏では、ネパールの子供たちがインドの売春地帯に売られるルートが有名だが、他にもバングラデシュの子供たちがコルカタの売春地帯に売られていたりする。

あるいは、インド国内でも低カーストやダリット(不可触民)の子供が誘拐されて売り飛ばされているのが知られている。

インドネシアでは、小さな島の子供たちが売られて売春地帯に放り込まれている。中国も誘拐大国であり、多くの子供たちが誘拐されて、強制労働や売春地帯行きになる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事