◆頭を撃ち抜かれて殺された少女4人の背景にある暗部とは

NO IMAGE

閲覧注意
2014年3月8日、ブラジルのゴイアニアで、4人のティーンエイジャーが路上で頭を撃たれて路上に転がされているのが目撃された。

4人とも1発で頭を撃ち抜かれて殺されていた。2人は16歳、残りの2人は19歳だった。

最初、4人とも売春ビジネスとドラッグに関わっていたとされて、売春ビジネスで何らかのトラブルに遭った可能性が指摘されていた。

実際、この4人は売春に関わっていて、同時に殺されたこの4人のうち、2人はすでに子供がいた。そしてひとりは妊娠中だった。そして遺体からはアルコールも検出されている。

4人は未成年だったが、生活は荒れていた。

4人はどこか他の場所で同時に身柄を拘束されて、夜中にわざわざ人目のない郊外の路上に連れて行かれ、そこで「処刑」されたと見られている。真相は、分からない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事