◆リンチ殺人、処女レイプ。何でもありになっているメキシコ

NO IMAGE

閲覧注意
しばらくメキシコについて書いてこなかったが、これはメキシコが平穏になったからではない。

あまりにも麻薬カルテルの事件がエスカレートして、残虐ショーになっていったからだ。

麻薬カルテル同士の縄張り争いがエスカレートしていて、その殺し方の残虐さが、もはや人間の考えるレベルを超えている。

統計は出ていないので、まだ何とも言えないが、政府が「麻薬戦争」に対して対処を変えているので、若干の死者は減ったのかもしれない。

しかし、麻薬に関する事件も内紛も縄張り争いも、まったく減ったという感じがしない。むしろ、残虐さがエスカレートしている分、よけいに荒んだイメージが増した。

メキシコで起きている犯罪現場は、まさに地獄絵さながらなのである。リンチも増えているし、女性に対する暴力も止まらない。若い女性が次々と行方不明になっているし、レイプ事件も多発している。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事