◆インドネシアで300人の子供を性的に弄んでいたフランス人が自殺している

◆インドネシアで300人の子供を性的に弄んでいたフランス人が自殺している

2020年7月9日。インドネシアで、フランソワ・カミーユ・アベロという65歳のフランス人の男が拘置所の監房内で自殺した。首の骨が折れた状態で発見され、3日後に病院で意識が戻らないまま死んだ。

この男は何者だったのか。

年金生活に入ってからインドネシアのジャカルタを観光ビザで何度も訪れて、そこで貧しい子供たちをカネで釣ってホテルに連れ込み、性的な虐待をしていた男だった。典型的なペドフィリア(児童性愛者)である。

6月にジャカルタのホテルで2人の未成年の少女を連れ込んでいるのをホテルの従業員に通報されて逮捕されていた。

被害に遭ったのは最低でも300人にのぼる。なぜ、300人であることが分かったのか。警察が押収したこの男のパソコンの中から、10歳から17歳までの300人分の子供たちの動画や写真が出てきたからだ。

逮捕されたアベロは、オレンジの囚人服を着せられ、黒いマスクをして俯いていたのだが、その不気味さは、まるで映画『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクターのようにも見えた。

カメラは4台保有して他にも多くのカメラ機器が荷物にあった。それで分かる通り、かなり本格的に少女たちを撮っていたのが分かる。その残されていた記録のほとんどは、この男と少女たちの性行為が記録されていた。

その手口はどのようなものだったのか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

ロリコンカテゴリの最新記事