◆東南アジアの売春地帯で女性をスカウトしてポルノを作る日本人はいない?

◆東南アジアの売春地帯で女性をスカウトしてポルノを作る日本人はいない?

東南アジアの売春地帯には、ただセックスワーカーたちと堕落に耽るためだけに来ているハイエナが99%なのだが、そうでない男たちもいる。

いつだったか、バンコク・スクンビットのナナ・プラザのオープンバーでひとりの女性と知り合ったのだが、彼女は私と知り合う前日にふたりのファランに奇妙なアプローチをされていたと私に話した。

「ポルノを撮りたいので出演してくれ」

彼女はそれを断ったのだが、彼らはすぐに他の女性たちに声をかけて、結局は彼女の所属するバーでは相手が見つからず、他のバーに移動したということだった。

プライベートで自分のセックスを撮影する男は多い。まだスマートフォンの時代ではない時でも、自分の折り畳み式の携帯電話でセックスを撮影して、自分が抱いた女性を他人に見せてニヤリとする男もいたし、その逆に女性が自分のセックスを撮って見せてくれる女性もいた。

こうした「プライベートの動画」は恐らくハイエナたちのかなりが撮影しているはずなのだが、そうした動画とは違う意味で「本格的にポルノを撮影する白人グループ」が売春地帯で女性をスカウトしたりしている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事