◆LGBTの存在は「自然」であり、人々が何を思おうがそこに在り続ける

◆LGBTの存在は「自然」であり、人々が何を思おうがそこに在り続ける

今、いろんな面でLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)の人々に注目が集まり、意識されるようになっている。

表社会は、格好も内面も「普通であること」がとても重視されるところだ。そのため、「人と違う」ことに関しては軋轢が生まれることが多い。

軋轢を前にして、LGBTの人たちはそれぞれ自分に合った生き方を試行錯誤しながら模索する。

「自分はこのような人間である」と堂々とカミングアウトし、自分のやっていることを理解してもらおうと闘争的に奮闘する人もいる。

カミングアウトはするが、人に理解してもらおうと戦うことはあえてせず、自然に受け流しながら自分の道を生きている人たちもいる。

あるいは、世間との摩擦を避け、自分の性的指向をひた隠しに隠して生きる道を選ぶ人もいる。

あるいは、表社会から離脱して裏社会(アンダーグラウンド)で生きようと決意する人もいる。

世界は表だけではない。表があるのなら裏もある。光があるのならば闇もある。昼が終われば夜がくる。どちらが生きやすいのかは、人それぞれだ。(鈴木傾城)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事