カンボジアで今後もフン・セン首相の独裁が続く理由とは?

カンボジアで今後もフン・セン首相の独裁が続く理由とは?

2018年に総選挙を迎えるカンボジアでは、フン・セン首相の独裁政治がだんだん不穏なものになりつつある。

カンボジアに君臨するフン・セン首相は、野党の躍進で自分の独裁が崩壊するのではないかと考えて、野党の破壊とメディアの弾圧に走っているのだ。

シアヌーク殿下が2012年10月15日に89歳で崩御した後、カンボジアの権力はフン・セン首相に集中し、今のカンボジアはすでに「フン・セン帝国」と化している。

フン・セン首相の弱点は王族ではないので、首相を降りたら「ただの人」になってしまうことである。だから、フン・セン首相は絶対に首相の座を他人に譲ろうとしない。

1985年に首相になってから現在まで、紆余曲折を経てフン・セン首相はずっと首相の座にしがみついてきた。

フン・セン首相の最大の危機だったのは1993年で、国連管理下の総選挙の結果、ノロドム・ラナリットと共に「ふたり首相」となった時だった。

ラナリットは第一首相、フン・センは第二首相だった。しかし、当初からフン・センはラナリットを嫌悪して激しい政治闘争を仕掛け、1997年にはついに軍事クーデターを起こしてラナリットとその一派を放逐してしまった。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

政敵は力づくで排除するフン・セン首相の剛腕

フン・セン首相は軍人上がりであり、当初はポル・ポト派であるクメール・ルージュに所属していた。

フン・セン首相は左目を失明しているが、これはポル・ポト派としてアメリカの傀儡ロン・ノル政権の兵士と戦っていた時に受けた傷である。

しかし、フン・センは途中からクメール・ルージュに嫌気を指してベトナムに亡命し、ポル・ポトが政権を取ってからは、反ポル・ポトの指揮者として第一線で活躍した。

こうしたバックグラウンドを持つので、フン・セン首相は軍事や武力に対してまったく抵抗がなく、自分の政敵を葬るのにしばしば過激な手段を使う。

自分が追い詰められれば追い詰められるほど、手段が過激になるのだ。

1997年の軍事クーデターもまたその一例であり、他にも野党の党首をしばしば不当逮捕し、殺害を仄めかしてカンボジアから放逐するようなことを行っている。

フン・センの独裁は、そうした軍事を背景にした力で維持されており、だから野党が躍進した時は野党の党首の生命が危ういものとなる。

それは今でもまったく変わっていない。

現在、カンボジアで最大野党となって「いた」のが救国党だったのだが、フン・センはどうしたのか。

カンボジアの国民がフン・セン首相の独裁に嫌気を指して救国党を支持すればするほどフン・セン首相は敵意を剥き出しにするようになった。

そして2017年9月3日、フン・セン首相はとうとう救国党の党首であるケム・ソカをいきなり逮捕するという挙に出た。罪名は「国家反逆罪」である。完全に不当逮捕だ。

もしケム・ソカが有罪になれば、禁固30年の刑に処せられる。

カンボジアの独裁者、フン・セン首相。フン・センの独裁は軍事を背景にした力で維持されており、だから野党が躍進した時は野党の党首の生命が危ういものとなる。

国を中国に売り飛ばす勢いで中国になびいている

さらにケム・ソカ氏を逮捕した1ヶ月後、今度は副党首であるム・ソクア氏にも逮捕勧告を出している。やはり「国家反逆罪」である。

このム・ソクア氏は女性の議員なのだが、カンボジアの貧困女性に尽くして人権向上のために真摯に動いていた政治家だった。国民にも人気があった。

フン・セン首相はこのム・ソクア氏の影響力にも大きな懸念を抱いて早めの排除を目論んだ。逮捕勧告が出たため、ム・ソクア氏は急いでカンボジアを離れるしかなかった。

そして、こうした動きを見てカンボジアの野党議員は不当逮捕を恐れて次々と国外に脱出する動きになった。

それだけではない。フン・セン首相は自分の独裁を批判するメディアにも弾圧を試みており、由緒ある報道紙『カンボジア・デイリー』も強制的に廃刊が決まっている。

野党もメディアも為す術もなくフン・セン首相に叩き潰されたというのが現在の状況だ。

はっきり言って、フン・セン首相の独裁はあまりにも強すぎて、カンボジアの野党もマスコミもフン・セン首相に対抗する術がない。

正攻法で戦えないのであれば軍事クーデターしかないのだが、フン・セン首相は警察と軍をがっちりと押さえており、野党が付け入る隙もない。

もっと悪いことに、今のフン・セン首相には大きな後ろ盾がいる。それが「中国」である。

フン・セン一族はカンボジアで莫大な財産を手にしており、あたかも王族のように振る舞っているのだが、その金の出所は政府の公金である。政府の金を自分たちの金のように使っているのである。

そこに、中国から多額の賄賂が流れ込んでおり、フン・セン首相はもはや国を中国に売り飛ばす勢いで中国になびいている。

ブラックアジアの有料会員を募集しています。よりディープな世界へお越し下さい。

これからもフン・セン首相の独裁が続く理由とは?

中国は「独裁者」が好きだ。なぜなら、独裁者に多額の賄賂を流し込むことによって、現地の利権を独り占めにすることができるからだ。

ジンバブエのロバート・ムガベ大統領もそうして中国に懐柔された独裁者のひとりだが、その系列にフン・セン首相がいる。中国の主要なインフラ工事、大型プロジェクトはことごとく中国が独占し、他国の影響力を徹底排除していく。

日本は早くからカンボジアに多額の援助を行って、カンボジアの紙幣には日本が作った橋も印刷されているのだが、現在のカンボジアにはもう日本の影響力などほとんど残っていない。

札束でフン・セン首相を押さえた中国は、今やカンボジアを裏庭であるかのように難なく進出して、ASEAN会議でもフン・セン首相に中国の味方をさせている。

つまり、中国はフン・セン首相ひとりを莫大な金で懐柔することによって、カンボジアそのものを「属国」のようにしてしまったのである。

これが中国のやり方だ。独裁者は国際社会から孤立する。そして窮地に落ちる。それを見計らって、独裁者に近づき、公然と支持し、莫大な金を独裁者に与える。

そうやって、じわじわとその国の不動産・経済・政治を乗っ取って中国色に染め上げてしまうのである。

東南アジアは中国にとって手慣れた土地だ。中国は国際的に孤立したポル・ポト政権を裏側から支援してきた国であり、その頃からカンボジアの利権をがっちりと押さえていたのだ。

私は2017年5月にカンボジアの首都プノンペンを訪れているが、カンボジア人は「あのビルも、このビルも中国が建てた」と指さしていた。

大統領官邸もスタジアムも、みんな中国が建てたものだ。大型プロジェクトは、やはり中国が押さえていたのだ。

主要なメインストリートの両側には華僑が経営する店が林立しており、中国銀行も中国工商銀行も当たり前に存在していた。「なるほど、カンボジアは中国の属国になったのか」と悟った瞬間だった。

フン・セン首相に莫大な「投資」を行ってきた中国は政権交代など望んでいない。だから、カンボジアはこれからもフン・セン首相の独裁が続くということである。

これが「属国」カンボジアの現状だ。(written by 鈴木傾城)

このサイトは鈴木傾城が運営しています。本文を他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。


プノンペンの光景。フン・セン首相に莫大な「投資」を行ってきた中国は政権交代など望んでいない。だから、カンボジアはこれからもフン・セン首相の独裁が続くということである。

〓 この記事のツイッター投稿はこちらです

ツイッターで鈴木傾城をフォローして頂くと、執筆・更新状況などが総合的に分かります。

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

東南アジアカテゴリの最新記事